内祝いは、幸せで嬉しい気持ちの恩返し

出産祝い

出産祝いをいただいたら、赤ちゃんが生後1ヶ月になる頃までに贈るものが、出産祝いの内祝いです。

出産内祝いには、赤ちゃんにとって、はじめましてという挨拶をし、仲間入りをさせてもらうという意味と共に、出産祝いをいただいて、無事の出産を喜んでもらったことに対する感謝の気持ちと、赤ちゃんのお披露目という意味がこめられています。

ですから出産内祝いには、その意味を反映しているようなものにすることが望ましいです。つまり、出産内祝いの品物はいろいろあるのですが、基本的には、赤ちゃんの名前や写真を入れたものにします。

内祝いの相場

また気になる出産内祝いの相場ですが、おおよそ、いただいた出産内祝いの半額から3分の1の額といわれています。あまりにも高かったりすると、逆に贈った方に対して戸惑いを感じさせてしまいますし、安かったりしては失礼になります。出産内祝いの品物の金額として多いのは、大体5千円前後となっています。

出産内祝いには多くの品物がありますが、たいていの場合、送りたい産後1ヶ月のころの時期というのは、お母さんは子育てに追われ、息をつく暇のなかったり、睡眠不足に陥ったりしていることがほとんどです。ゆっくりお店を見て回りながら出産内祝いを選ぶとか、じっくり吟味して出産内祝いを選ぶということは、時間的にも、体力的にも出来ないことでしょう。

ですから、もしじっくり見て選びたいという場合には、あらかじめ出産前に出産内祝いにしたい品物を選んでおくようにします。そして、産後1ヶ月ほど過ぎたころには、それを電話等で注文すればよいように、予約までしておきましょう。産後は本当に時間がありませんから、出来るだけ出産内祝いに手間をかけなくても出来るように準備をしておくようにします。事前に出産内祝いを準備してないという場合には、カタログギフトやインターネットを使って、自宅にいながら時間の合間を見て出産内祝いを選ぶことがベストの方法です。

今では様々なカタログがありますし、インターネットを使えば非常に多くの品物を見ることが出来ますので、時間もなく体も無理をさせたくないお母さんには、お薦めの方法です。

内祝いに贈る品物

お米やカステラが一番人気

そんな出産内祝いに多い品物としては、現在では、お米やカステラといったものがあります。少し前までは、ブランドバスタオルなどのタオルセットや、焼き菓子などが一般的でした。でも、お米では、新しいお米という意味の「新米」とまだまだ親としても「新米」という意味をかけたり、新しいお米と新しい赤ちゃんをかけて「新米」といったりできるということで、非常に多く選ばれるようになっています。

お米を出産内祝いとして贈る場合には、お米の量を赤ちゃんの出産体重と同じ重さにすることで、より赤ちゃんを身近に感じてもらえるということもあります。その上、もらった相手が喜んで使ってもらえることは間違いないという核心もある品物です。ですから、最近の出産内祝いでは、お米は1位や2位など、かなり上位に食い込んでいる品物となっています。

またカステラも、名入りのカステラを作ってくれることが出来るようになったため、出産内祝いに喜ばれて使われるようになっています。カステラなら、もらった多くの方が好きな食べ物だろうということもありますし、思わず笑顔になってしまうカステラの暖かい味と、赤ちゃんの誕生というおめでたい気持ちが上手に表現できるということがあります。そして桐の箱に入れて送れば、高級感も演出できます。

ブランドのタオル

その他にも出産内祝いといえば、定番はブランドタオルです。表書きに名前を入れ贈り、長く家族のそばで役立ててもらえるようになっています。また石鹸ギフトセットや、ぬいぐるみ入り紅茶セット、焼き菓子セットも定番として根強い人気があります。出産祝いについてもお話ししています。

おすすめWEBサイト 5選

保健科学東日本

スパイスの通販

最終更新日:2018/12/3